【USJ】トワイライトパスでアトラクション1つだけしか乗れなかった話

暮らし

夏休みも終わりに近づいた最後の週、8月29日に平日ということもあり、思い切ってUSJに行ってきた話です。

もともと混雑する場所が好きではないので、テーマパークなどは閑散期に行くことが多いのですが、今回は子供たちのために頑張って行くことにしました。とは言っても、夏休みも終わりだし(学校によってはもう新学期が始まっている)、平日だし、そんなに混んでいないんじゃないかと思って甘く考えていたのです。

スポンサーリンク

着いてびっくり!

3時からのトワイライトパス(大人一人5900円・子供一人4400円)でさえこの長蛇の列!!!蒸し暑いのにみんなスゴイ!!この時点でもう、駐車場から15分くらい歩いて来ていたので、正直先が思いやられるかんじでした。

入場すると、マップがどこにあるかわからなかったので、スマホでマップを検索・・・。その後はマップを入手することなく、終日スマホのマップを見て行動することになりました。失敗(^-^;

ディズニーランドのように、入場口すぐのところに山積みしておいてくれたり、どっかにあるだろうと踏んでいたのですが、甘かったです。

うちの子供たちは予習として、DVDでミニオンズを中心に見させておいたので、ミニオンズに会いたい!と意気込んでいました。だから、そのまま子供たちお目当ての(今年オープンしたばかり)のミニオンズのアトラクション(ミニオン・ハチャメチャ・ライド)のところに行き、170分待ちの列の最後尾に陣取りました。

170分待ち

なんて書いてあるけど、まさか本当に待たされるなんて、この時は思っていなかったのです。

一応、ジュースとポップコーンは購入してから並んだので、子供たちも何とか待てるだろうと思っていたのです。

しかし、進まない・・・。待たされている場所も建物の裏手の何もない広場からだったので辛い辛い!人とロープと木と扇風機しかないんですもの。

よくワイドショーなんかで、テーマパークに来てDSやっている子供は一体何なんだ!?という話題で大人が盛り上がっていますが、これは・・・仕方ない!と思うレベルで待たされました。

並んでいるのに完全に飽きて、列から離れて、脇で座り込んでDSをしている小学生多数続出!!

うん。その方が、時間を有意義に使えるかも(-_-)

やっと建物の中に入っても、先は長~い。

エクスプレスパス(有料の優先チケット)の人が横からどんどん案内されて流れていき、その様子を横目に、こちらは同じVTRを何度も見ることになり、最初こそ喜んでいたものの、うちの子供たちもさすがに並んだことを後悔した様子でした(笑)

そしてやっとの思いで、個室までたどり着いた時には、本当に150分近く経っていました。やっとアトラクションに乗れる!座れる!とホッとしていたのですが、うちの4歳児ときたら

「ミニオンになるのイヤだ!!」(;_:)

とゴネて泣き出してしまったのです!こんなに待ったのに・・・マジか( ゚Д゚)焦りなだめる親、周りの人失笑。

何とか誤魔化しながらアトラクションには乗れましたが

「ミニオンになってない?」と何度も確認する始末。幼児の純粋さと想像力、恐るべし!!

気を取り直して、夕食へ

サンジの海賊レストランに行きたかったのですが(似ていると好評のキャラとのグリーディングがある)コスト的な問題で断念しました。でも、実際にレストランの前を通ると「もし空きがあれば入りたいな~。」(もちろんなかったですが)という気持ちになってしまったので、無理してでも予約しておけばよかったかなぁとまたまた後悔(^-^;

結局、パパおすすめの麦わらの一味の宴レストランで食事にしました。

よーし!!宴だぁ!!肉食うぞ~っ(1990円)×2

ゴムゴムのキッズセット(1200)×2

と人数分の飲み物を注文しました。全体的に味は普通です(笑)ゴムゴムの実はメロンパンのような味でした。

コスト的には安く済みましたが、食事時なのに意外と空いている店内を見ると、次はサンジの海賊レストランにしようと、こっそり心に決めた母なのでした。

その後お土産物を購入し、少し時間が余ったので子供向けのサンリオコーナー?で少し遊んでいると、あっという間に閉館時刻となりました。

閉館30分前には出たので、駐車場から出るのはスムーズでした。

いろいろと心残りはありますが、夏場のテーマパークに子連れで一日中は、ちょっと幼児には無理させすぎなので、このくらいでちょうどいいのかなとも思いました。

コスト面もまた然りですが、大人は帰りの車の運転や、帰宅後の子供のお風呂の世話・寝かしつけをする体力も温存しておかなければならないので、そういった意味ではトワイライトパスでよかったと思います。

一日中乗り物に乗ったり、パーク内を歩き回ったりするのは子供がもう少し大きくなって、身長制限にも引っかからなくなってからの方が楽しめると思いました。

コメント