「ホットプレートとは大違い!」本当に煙が少なかったイワタニのやきまるくん

暮らし

私は、焼き肉は好きだけど家では焼き肉をしたくない主婦です。我が家にはホットプレートがあるのですが、正直あまり使いたくないのが本音です。

家での焼き肉はお店に行くより安く済むけど、ホットプレートやお皿を準備して、美味しく食べ終わったら、その後にある片付けがたまらなく憂鬱です!!

みんなが寝転んでいるところを横目に床に飛び散った油に滑りながら床を拭き上げ…。

油でギットギトのホットプレートやお皿を、たっぷりの洗剤で洗うので、手はカサカサするし…。

何より嫌なのは、煙で3日くらい部屋が焼き肉臭い事です。

焼き肉中は煙が充満しないように、冬でも窓を開けて、換気扇も強にして、空気清浄機もつけているのに、部屋に充満する煙…。

カーテンやクッションといった布物には、特に臭いがつきやすいのでファブリーズは必須です。空間に噴射してもあまり効果は感じないですが、一応就寝前には噴射しています。

それでも数日間漂う焼き肉臭。

そこで購入してみたのが、こちらの「イワタニのやきまるくんです。

このやきまるくんはカセットコンロを使って使用するタイプの焼き肉グリルです。スモークレスを謳っているいるだけあって、本当に煙が少ない!!(゚д゚)!

スポンサーリンク

どうして煙が少ないの?

プレートに溝があり、炭火焼のように脂を炎に落とさないので煙を出さないのです。

プレートの表面温度が210~250℃に保たれているので、油の煙化を抑制します。

使ってみて感じたデメリット

  • ホットプレートに比べてプレートが小さいので、少しづつしか焼けないです。夫婦2人で使うには十分だと思います。
  • 油の飛び散りはホットプレートとそんなに変わらないと思います。
  • たくさんお肉を焼いていくと、プレートに残った小さな肉片や脂で煙が増えます。(タレや野菜の焦げも同じく)そのため、キッチンペーパーでの定期的な拭き取りは欠かせません。
  • 構造上、水蒸気が出ます。最初は煙かと思ってしまいました。
  • 火加減が目視ではわかりづらいです。確認用の穴はありますが、ちゃんと火がついているかプレートの隙間から確認しちゃいました。
  • プレートの裏は焦げが取りにくかったです。

使ってみて感じたメリット

  • ホットプレートと違って電気コードが伸びてないって、邪魔くさくなくていいです。
  • カセットコンロで、直火だから立ち上がりが早く、こんがり美味しいです。
  • ガスボンベ一本で3時間くらいは使えるので経済的です。
  • 脂が水皿に落ちるのでヘルシーです。
  • カセットコンロ式で持ち運びしやすく、風の影響を受けにくい構造なので、アウトドアに使えそうです。
  • 表面はフッ素加工のため掃除が簡単でした。
  • 価格は、他のスモークレスの品が1万円以上なのに対して、4500円と安価です。

使用上の注意すること

  • 使用前に水皿に水230ml(約1.5㎝)を入れる必要があります。水はこぼれやすいので、テーブルにセットしてから注ぐといいです。
  • 長時間使用するときは注水する必要があります。空焚き厳禁です。
  • カセットコンロでは「イワタニカセットガス」を使ってください。
  • うるし塗りなどの熱に弱いテーブルの上で使うときは、コンロ下が熱くなるので断熱材を敷く必要があります。
  • 熱が籠る可能性があるので、断熱材代わりにテーブルクロスや新聞紙を敷くのは危険です。

おわりに

焼き肉の臭いは翌日もありましたが、ホットプレートを使っての焼き肉のときより、若干薄まっているように感じました。

少なくても火災報知器は鳴らないレベルの煙ですので、これなら集合住宅でも焼き肉が楽しめると思いました。

コメント