【ツラい!!】ブラジャーあるある

暮らし

ブラジャーって本当にピンキリですよね。お値段もそうですけど、つけ心地や機能等かなり奥の深い業界です。男性はブラジャー一枚の値段を知ったら、女性がどんなにお金のかかる生き物か知るきっかけになるかもしれませんね。

スポンサーリンク

無印良品のインナー

最近、私が購入したのが、無印良品のノンワイヤーモールドブラジャーです。とってもよかったので、書いておこうと思います。

普段ユニクロのワイヤレスブラを愛用しているのですが、今回初めて無印良品のインナーを買ってみました。セットに出来るショーツの取り揃えもあり、嬉しい限りです。(今回はたまたま在庫のあるタイミングだっただけかもしれませんが、ユニクロでは、ショーツは欲しいのがいつも品切れなのです(;_:))

ブラジャーの着け心地はユニクロと大差ないかんじです。締め付け感はなく、程よいホールド感で、痕も付きません。胸の形もキレイに出ます。

ショーツはオーガニックコットンのものを買ったのですが、はき心地が( ・∀・)イイ!!やっぱりコットンは通気性や肌触りが違う気がします。控えめにレースも付いているので、完全に色気のないかんじには見えないはず!(ユニクロのシームレスパンツは履き心地はいいんだけど、すぐに伸びてきちゃって・・・デブは辛い)

デザインも普通のショーツタイプやロングタイプ、ボクサータイプなど取り揃えは豊富でした。色は無印良品のらしく白黒グレー、ベージュといったシンプルなかんじです。

大手下着メーカーの誤算

近年のワイヤレスブラの売れ行きは、大手下着メーカーが悲鳴を上げる程のものになってきています。ユニクロのブラトップから始まったワイヤレスの時代は、ついに大手メーカーも類似商品を出さざるをえない状態になってきているようです。

発売当初こそホールド力が~とかタレるとかいろいろ噂されていましたが、そのあたりもしっかりと改善してきているので、大手下着メーカーは、世の女性たちが如何にブラジャーに対して不満を持っていたかを改めて知ることになったのではないでしょうか。

ブラジャーあるある

ここからはブラジャーあるあるです。もちろん、ブラジャーはワイヤーありの大手下着メーカーで試着をして買ったものです。一枚数千円するブラジャーを年に何度も総入れ替え出来るわけもなく、何年も大事につかうことになりますよね。

体型が変わらなければいいのですが、夏には夏バテで少し痩せたり、生理前は胸が張ったり、冬は太ったりと日々変化し続ける女性の体にフィットし続けるブラジャーに、私は出会ったことがありませんでした。

そんな中、子供が生まれて授乳期を向かえた際に、初めてブラトップを使用して衝撃を受け、ワイヤレスブラ出会ってしまったのです。ワイヤレスのブラジャーは一度使うとやめられません。その理由はもちろんラクだから!この一言に尽きます。毎日使うものなのに、今までなんであんなにストレスを感じながら着けていたんだろう、と思ってしまった程です。

お肉のはみだし

定番ですが夏のある日、前を歩いている友達のTシャツから透けて見えてしまったのです。ブラジャーの色はもちろんのこと、その上に乗ったお肉が(; ・`д・´)

その時は、自分は大丈夫と人ごとだったのですが年齢を重ねるにつれて、完全に人ごとではなくなっています。アンダーが合っていないとこうなってしまうのでしょうか・・。背中は普段見ない場所なだけに要注意です。

痕が付く

胸の下についたワイヤーの痕。自分では見えないので気にしていませんでしたが、子供と一緒にお風呂に入るようになってから、ちょくちょく子供から言われるようになりました。

別に痛くないけど、いや赤くなっているのに痛くないのも問題ですよね(-_-;)カップのサイズが合っていなかったのかもしれません。

内出血

ブラジャーの肩紐って、購入時はお店の人に調節してもらえるんですけど、その後ずれてきたら自分で直すしかありません。使用していく内に、洗濯とかで少しずつずれてきます。

定期的な調節をするのに、同性の家族がいれば別ですが・・・一人ではなかなか難しい。

気がつくと内出血していることもしばしば。肩紐のずれが気になって、こっそり直したり。実は定期的なメンテナンスが必要なのです。

お手入れの手間

大事な勝負下着はお値段もさることながら、得てしてお手入れの手間が掛かります。やさしく手洗い→タオルで脱水→半日陰で平干し・・・。考えただけで、ため息が出そうな工程です。

それを毎日!?洗濯機でガラガラ回すと形も崩れるし、ワイヤーも曲がります。繊細な刺繍やレースも傷みます。干し方もピンチに吊るすなんて以ての外。そりゃ、ブラジャーは洗わずに数回使っちゃうって人も出てきますよね。

おわりに

普段の着心地もお手入れの手間を考えても、ワイヤレスブラに勝るものはありません。勝負が必要な年代を過ぎると、多くの女性ワイヤレスブラに流れていく理由はここにあると思います。ノーブラはさすがに抵抗があるけど、大手下着メーカーのものは高いし、若い子向けの安価な下着屋さんではちょっと・・・。というわがままな主婦層を取り込んで、ワイヤレスがもっと進化していくことを願っています。

美乳を目指すならこちら↓

アマゾンでレビューがよい品はこちら↓

コメント