【転勤族が教える!】賃貸物件選びで失敗しないポイント18選

転勤族のつぶやき

引っ越しでハズレ物件に住まないための自分への覚書でもあります。

私もすでに引っ越しを8回していますので、こちらに上げる項目をクリアした物件を選ぶようにしています。

住めば都といいますが、住んでも都にならない部屋もありますので、物件選びは本当に慎重に行うべきです。

↑こちらを含めた18項目です。私の経験からも厳選してみました。

スポンサーリンク

①日当たり

リビングが南向きかつ、昼間に適度な日光が入る
日光は幸福度に影響します。じめじめした暗い部屋だと鬱を含めた病気になりやすくなりますし、日当たりが悪いと洗濯物も乾きにくくなります。

②換気扇周り&サッシ溝のカビ跡

・カビ跡や壁紙の浮きがない
日光が弱いと局所的にカビが繁殖します。特に換気扇付近とサッシ溝はよく確認して下さい。換気扇付近の壁紙浮き、サッシ溝の黒ズミがあると要注意です。

これは管理会社の質を見るためにも、さりげなくチェックすべきところです。

一度サッシにカビがあり、ベランダにセミの死骸が転がっていた物件を仕方なく選んだことがあるのですが、一年しか住んでいないのに、押し入れの中もカビてしまい大変でした。

③共用部に私物が置かれてないか

・ご近所さんのモラルの問題
共用部は本来私物禁止にも関わらず堂々と置いているのは、住民の質に問題がある可能性ありです。騒音等のリスクも高まるので、避けた方が無難です。

これは大事なポイントです。申し訳ないですが、私は両隣と下の階のベランダも身を乗り出してチェックしています。やっぱり、ゴミとか使わない家具とかを放置している人は、だらしない人が多いですし、ご近所トラブルを回避するためにもチェックは欠かせません。

④水回りが隣の部屋のどこに接してるか

・音を確認
水回りは音が響きやすいです。私の経験では、隣の部屋の水回りが自分の部屋の収納と接してると静かでよかったです。建物の構造だけでなく素材もあるかもしれませんが。

自分の寝室の横が隣の部屋のトイレやお風呂に面していると夜中はやっぱり気になってしまいました。「お隣さん、こんな時間にお風呂かぁ。」なんて知りたくもない情報を知ってしまう悲しさ。

⑤壁の厚さと構造

・隣と接してる壁を軽く叩いてみる
構造は鉄骨が1番静かです。パッと見て室内が良くても壁が薄いと騒音で悩まされることになります。

やっぱり木造の古い物件は、壁が薄くて音が響きやすいです。お家賃的には安くてありがたいんですけどね。上下左右の住民の生活リズムが、真逆の人だとかなり辛いです。

一番辛かった物件は、毎朝明け方にお経が聞こえてきたところですね。挨拶もする普通の方だっただけに、いろんな意味で恐怖でした。

⑥町内会や自治会費の有無

・物件屋さんにしっかりと確認

一人暮らしの物件では不要なことが多いですが、ファミリー向けの賃貸では必須な費用です。町内会が盛んな地域だと家賃とは別にかかるし、役員があったり、行事も多かったりで大変です。面倒ならそういう地域は避けるのが無難です。

子供がいないときは、ご近所付き合いは地味に辛かったです。新参者は肩身が狭いですし、 ある日突然、自治会員が来て5000円徴収されたり、日曜日の朝6時に地域のリサイクル活動に強制参加させられたり。よく物件屋さんに聞いておきましょう。

⑦掲示物の日付

古い掲示物の放置は管理に問題あり
有効期限の過ぎた掲示物が放置されているのは管理が行き届いていない証拠です。どんなに良い物件でも管理放置は困りますよね。

物件が清掃されているかの確認も多くの場合掲示板で日付を確認できます。

⑧駅への時間実測

・賃貸情報の時間と実測は差がある
賃貸情報では駅までの時間が短めに記載されてることが多いですので、実測が1番安心です。

物件屋さんはだいたい男性の早足で継続した結果だといいますので、その点は考慮しましょう。

⑨室外電灯周辺の虫

・夜の虫の量を確認
賃貸の内覧は大体昼間なので、夜間の虫の量がわからないことが多いです。そこで、室外電灯周辺の虫の死骸を確認します。死骸が多い=夜間の虫が多いので、苦手な方は要注意です。

駐輪場やポストにクモの巣がないか、玄関やベランダにカメムシやセミの死骸がないかは確認しましょう。

➉駐輪場とゴミ集積所の綺麗さ

・放置自転車と回収されてないゴミの有無

住んでいる人のモラルの高さを知るために特に参考になるのが、ゴミ集積所がキレイかどうかと、駐輪場に放置自転車がないかどうかです。

駐輪場も乱雑に自転車が止められていて、自転車が溢れているなら自分の自転車がキズつけられる可能性も高まります。自宅の駐輪場で盗難されるなんて悲しい事にならないように、治安の良し悪しも含まれて最重要ポイントです。

スペースにゆとりがあり、風の強い日に将棋倒しにならないように、屋根や輪留めがある駐輪場なら◎

⑪コンセントやスイッチの位置

・地味に毎日のストレスになりがち

コンセントの場所は家電の配置に直結します。引っ越し当日「置きたいところに置けない!」とならないように、あらかじめ確認しておきましょう。赤ちゃんがいる家庭以外でコンセントが多すぎて困ることはありません。

スイッチの位置はトイレや洗面所で変なところにある(動線として不自然)と、いつまで経っても慣れないものです。私も「こっちにスイッチがあったらよかったのに、なんでここ?」という物件はありました。少し高く付きますが、自動で付くものに変えるという手はありますけどね。

⑫シャワーの水圧

・物件屋さんに要確認

流してみないとわからないので、内見のときには確認が難しいのですが、古い物件で3階以上は水圧が悪くてイライラしたという人も。

ベッドを変えるという方法もありますが、物件屋さんにきちんと確認しておきましょう。

⑬排水の流れ具合

・一階でも詰まるところは詰まる

トイレやお風呂、洗濯機の排水の流れ具合は、引っ越してすぐにトラブルとして起こりやすいです。ペット可の物件だとペットの毛が排水管の奥に詰まって排水が悪くなりやすいです。

⑭スマホの電波状況

・建物や林の影になる物件だとありがち

今どき携帯電話の電波状況が悪いなんてことはないことを願いたいですが、念のため内見のときにスマホのアンテナをチェックして下さい。時間帯によって変わることもありますし、見えないものなだけに判別が難しいのですが、電話が途切れる部屋は何かと不便です。

私は携帯電話の会社に電話して、いろいろと対策してもらいました。電話会社は顧客を逃すまいと必死?なのか意外にもすぐに対応してくれました。

⑮近所の家にごみ屋敷はないか

・ぐるっと散歩してみる

同じ建物ではないご近所さんに、ごみ屋敷や明らかに管理されてない建物はありませんか?無駄なトラブルに巻き込まれないためにも、物件の回りをぐるりと一周してみましょう。

生活水準の違いは価値観の違いにも繋がります。私は以前、向かいの賃貸があまりにも管理されてない物件でちょっと気になりましたが、妥協してそこに住むことにしました。すると案の定、その向かいの賃貸から放置子(言葉が悪くて申し訳ないです)が遊びに来るようになって、転勤が出たときに正直ホッとしたという経験があります。

⑯外から見て、侵入出来そうな部屋ではないか

・隙のある物件は回避

足場になりそうな室外機や電信柱がある、ベランダ伝いに隣のアパートから入れそう、手入れされていない庭木、部屋の中だけでなく外からの物件チェックも忘れずに。

警備会社が入っていたり、防犯カメラが設置してある物件は一見すると安心できそうですが、土地の治安の悪さでもあります。

ちなみに、 最上階の部屋は1階の次に空き巣に入られやすいので注意です。

⑰家族層は一致しているか

・意外と見落としがち

物件屋さんが考慮してくれるとは思いますが、ファミリー層のマンションに単身一人だとか、外国人が多いアパートだとか、思わぬトラブルに巻き込まれかねませんので、注意が必要です。

⑱大家さんが隣に住んでいる

・とにかく気を遣う

困ったことがあれば何でも頼れる大家さん。心強いですが、プライバシーが無くなりやすいので、大家さんが近くに住んでいる物件を借りる場合は心しておきましょう。

私が以前住んでいたところは、入退居時には菓子折りを持っていって挨拶して、お付き合い必須でした。帰宅時を見計らって訪ねて来られたりすると、あまり気持ちが良いものではありませんよね。 近年は一切関知しない大家さんも増えていますが、物件屋さんに確認しておきたいところです。

コメント