子なしの転勤族の妻の話。

転勤族のつぶやき

転勤族の妻になるということは、自分の今まで積み上げてきたキャリアも人間関係も全部捨てて、相手についていくという覚悟が必要です。

親も友人もいない土地で、頼れる人もなく、それでもついて行ってもいい!もしくは行きたい!と思った相手としか結婚しない方がいいです。

そういう意味では、公務員や大手の会社にお勤めでも転勤族ってだけで、結婚や恋人としてマイナスポイントといえるかもしれませんね。

私が以前知り合った転勤族の奥さんの話になりますが、

旦那さんが転勤族で、奥さんは結婚を機に仕事を辞めて、縁もゆかりもない転勤先についていきました。

いつ転勤になるかわからない為、正社員ではなかなか雇ってもらえず、結局は派遣の仕事に落ち着きました。

その後も転勤するたびに仕事を変えることになり、子供が授かるまでの間は職を転々とすることになりました。

転勤の内示が出てから期間が短いため、慌ただしく退職することにだんだんと疲れてしまったそうです。

また別の奥さんは、意識して短期でも契約でも、働きに出るようにしていたそうです。

子供がいない間は、ジムや習い事をしてでも、必死にその土地に馴染む努力をしないと、本当に孤独で心が病んでしまいそうだったと言っていました。

転勤族の奥さんがうつ病になってしまうことはあまり珍しいことではなく、特に晴天率の低い雪国ではその傾向が強いらしいです。

旦那さんのフォローがしっかりあればいいのですが、転勤したばかりだと旦那さんの方も新しい環境に慣れるのに必死なので、奥さんの孤独感に気がつかないことも多いです。

旦那さんがその状態に気付いた時には、奥さんの心はすっかり病んでしまっていて、実家で療養させることに…ということも少なくありません。

そしてそのまま心が離れて離婚という悲しい結末を迎えた夫婦もいます。

大人になってから、新たに人間関係を築いていくのは、思った以上に大変です。

特に子供がいなければ、近所付き合いがなくてもやっていけてしまうこのご時世ですから、自分の世界が旦那さんだけになってしまいがちな転勤族の妻は、特に向き不向きが分かれると思います。

地元愛の強い人や一度も親元を出たことのない人には、結構厳しいかもしれません。

コメント