「やっぱりやり直そう。」転勤をきっかけに結婚した夫婦の話

転勤族のつぶやき

「転勤になったからついてきて欲しい。結婚しよう。」

こう求められたら、女性として素直に嬉しいものですよね。これは理想でして、実際は

「転勤になったから。」(遠距離になるね)

「転勤になったからついてきて欲しい。」(仕事辞めてついてきて。とりあえず同棲でもする?結婚する予定は未定だけど)

という男性が多いんですよね。今時の男性って結婚へのハードルが高いというか、優柔不断というか。それでモメて別れちゃったり。遠距離で浮気したり。もう転勤なんて、交際中の若い二人には運命の分かれ道でしかありません。

そんな忌み嫌われる転勤をきっかけにして結婚した夫婦の話をひとつしますね。

A子さんという女性の彼は、同じ会社のBさんでした。二人は同期でした。

交際歴はもう5年になろうかという二人の社内恋愛は、比較的オープンにされており、結婚も視野に入れているのだろうと周囲は思っていたそうです。A子さんは、会社の社長に「結婚はまだなんか?」とからかわれたりしていました。

もうすぐ30代という年齢のA子さんは、Bさんからのプロポーズを今か今かと待っていました。しかし、アクションは一向にありません。

A子さんは、こっそり社長に「彼がなかなかプロポーズしてくれないんですよね。」と冗談半分に愚痴りました。

何か思うところのあった社長は「俺に考えがある。」といいました。

後日、Bさんから呼び出されたA子さんは、ついにプロポーズかとドキドキしながら彼を待ったそうです。そこで告げられたのは

Bさん「急なんだけど、地方に転勤になった。」

A子さんはかなり衝撃を受けたそうです。てっきり社長が葉っぱかけてくれてのプロポーズと思ったのに!とがっかり。

結局、彼の口から結婚の文字は出ず、だらだらと遠距離恋愛になる雰囲気に。

世間一般では結婚適齢期で、何年も付き合った私をまだ待たせる気!?と内心怒ったA子さんは、そのまま二人の関係を冷却状態に持ち込んだのでした。もちろん、その間もお互いに連絡は取っていたそうです。ただ、A子さんからBさんへ会いに行ったりはしなかったそう。

二人はこのまま疎遠になって別れるかと思いきや、その責任を感じたのか、社長がまさかの行動に!!

社長がBさんのいる地方へ視察に行った時のことです。

社長「新しい彼女もできんやろ?辛いんやったらA子が待ってる地元に帰るか?結婚するんやったら戻れるぞ。まぁA子はモテるらしいから新しい彼氏が出来てなかったらやけどなぁ!!」

と悪魔の囁き…。

Bさんの新しい勤務地は保守的な地域で、Bさんはなかなか馴染めず、精神的にもかなり辛い状態だったそう。長年支えてくれた彼女もおらず、孤軍奮闘していたのです。

そしてBさんは、3か月もしない内にA子さんに連絡を取り、プロポーズしたそうです。二人は社長の策略通り?結婚することになり、BさんはA子さんのいる地元に移動になって戻ってきました。その間約半年の出来事でした。

まさかの社長がキューピットです。

社長がどこまで計算してBさんを転勤にしたのかはわかりませんし、キャリア上では必要な地方への転勤であったようです。

もし二人が完全に別れてしまったら、A子さんにはBさんより絶対にいい男を紹介してくれるつもりだったというのは、社長の飲み会での鉄板ネタになっています。

男性側からしたら、Bさんの立場って…!?と疑問に思うかもしれません。転勤に振り回されて迷惑な話ともいえますが、なかなか煮え切らない男を焚きつけるのって、意外と上司や同僚、友人だったりするものらしいです。

この作戦はおそらく、彼女が追いすがったり、結婚を無理に迫っていたら上手くいかなかったでしょうね。

離れてみて、初めてお互いの大切さを知ったなんて昔の歌の歌詞みたいですが、こんな例もあるということで。

コメント