【コスパ抜群!】アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーでR1ヨーグルトを量産して免疫力アップ!!

暮らし

コロナ禍でとにかく免疫力アップを求められまして、家族で食べられて美味しく経済的に続けられるヨーグルトを食べることにしました。

免疫力アップのヨーグルトといえばR1ヨーグルトですが、一個120円くらいするので家族4人で買い続けると一か月で14,400円・・・。なかなかのお値段になりますよね。

しかも個包装のヨーグルトは意外と冷蔵庫内で場所を取ります。

そんな時に出会ったのが、こちらのアイリスオーヤマのヨーグルトメーカーです。

なんといっても牛乳パックのまま作れるのが簡単で衛生的!!購入後3か月以上立ちますが、お蔵入りすることなく定期的に活用しています。

スポンサーリンク

味は?

普通のプレーンヨーグルトです。牛乳によって柔らかかったりしますが、味はスッキリとしたごく普通のプレーンヨーグルトです。うちでは砂糖を入れていませんが、酸っぱいのが苦手な方は3~40gくらいの砂糖を入れても美味しくできるそうです。

作り方

①牛乳を100ml抜きます。
②R1ヨーグルトを入れます。
③付属のスプーンで混ぜます。
④牛乳パックの口を閉じて、ヨーグルトメーカーへ入れます。
⑤自動メニューでプレーンヨーグルトになっていることを確認したらスタートを押す。

あとは9時間後に出来上がったら、冷蔵庫で6時間程冷やします。

作業時間は5分もかかりません。とっても簡単なので、めんどくさがりな私でも続けられています。

本体は汚れないから、洗わなくていいし♪(汚れたら拭くくらい)作り終わったらスプーンを洗って熱湯消毒するだけです。他には作り終わったらふたを洗って乾かすくらいです。

スプーンも本体の中に納まるので、行方不明にならないところも気に入っています。

気をつけること

ヨーグルトは雑菌が繁殖するとうまく作れないらしいので、牛乳パックの口をベタベタ触らない。

私は最初使い捨ての手袋をして作りましたが、そこまで神経質にしなくても、きれいに洗った手なら大丈夫なようです。

雑菌混入が心配な場合はドリンクタイプのヨーグルトで作ればさらに安心です。ドリンクタイプを入れてもちゃんと固まるのは本当に不思議なかんじです。

低温殺菌牛乳・乳飲料・加工乳などはヨーグルト作りに向いていない。

以前、うっかり低脂肪乳で作ったら、半分以上乳清な状態で出来上がりまして、ガッカリしたことがあります。

作り始める時は、出来上がりの時間(9時間後)を計算して作り始める。

夕方に作り始めて、深夜3時ごろに仕上がったヨーグルトを、眠い目をこすりながら冷蔵庫に入れた苦い経験があります。作り終わったらなるべく早くに冷蔵庫へ入れないと発酵が進んで酸っぱくなってしまいます。

中身が半分以下になったら取り出しにくい。

口コミでも中身が少なくなったら、ヨーグルトが取り出しにくいとのことでしたが、確かに付属のスプーンを使うと取り出しにくいです。

なのでうちでは、ヨーグルトの取り出しに付属のスプーンは使っていませんし、半分以下になったらキッチンハサミで上部をカットしています。そうすると付属のクリップでは留まりにくいので、文具用の大きなクリップで口を留めています。

まとめ

うちでは毎朝ヨーグルトを食べるので、月に4千円くらいはヨーグルト代としてかかっていたのですが、このヨーグルトメーカーを使い出してから、ヨーグルト代も半分くらいになりました。牛乳とR1を買う必要はありますが、一度に1リットルのヨーグルトが出来るので、家族4人で食べても3日くらい持ちます。

送料含めても3000円くらいなので、とても良い買い物だったと思います。もうすでに元は取ったと思います。

他にも飲むヨーグルトや甘酒を作れるようなので、機会があったら作ってみたいと思います。

コメント