【バリスタが水漏れ!?】自力で修理してみた話

暮らし

家のバリスタは2013年購入の古いものです。でも、コーヒー好きのパパのために毎日1~3回はコーヒーを立てるので、家ではかなり主力選手なキッチン家電の一つといえます。そんなバリスタが先日、水漏れをするようになりました(;_;)

その修理には、保証期間はとっくに過ぎているので送料と修理費込みで7000円くらいかかるというのです。そんなら新しいの買えるわ!って思うような値段ですよね。

だからネットで修理の仕方を調べて、Amazonで部品を購入し、自力で直しました。送料込みで2000円くらいで修理出来たので、困っている方の参考になればと思います。

まず、水漏れには考えられる原因は二つあります。

タンクのゴムの劣化か、中のチューブの劣化です。

スポンサーリンク

水タンクのゴムの劣化

水タンクに水を入れてセットすると、コーヒーを立てていないのに水が漏れる場合はこちらの可能性が高いです。こちらの場合なら、水タンクのゴムを新しいものに変えればいいだけなので、比較的簡単で安価に済みます。

方法はとても簡単です。

水タンクを外した状態のバリスタを準備します。

水タンクと本体が通じる穴の中のゴムを交換するだけです。竹串か爪楊枝でちょいっと引っ掛ければ出てきます。

新しいゴムはちょっとキツいけど、グッとはめ込みます。

完了です。

中のチューブの劣化

普段は何ともないけど、コーヒーを立てようと起動するとダァーっと水が漏れてくるならこちらの可能性が高いです。こちらなら、本格的にバリスタの中身を開けてみないといけないので、少し大変です。

ちなみに家のは、こちらが原因だったようです(;´∀`)

まず、コーヒータンクの下の部分をT型のドライバーでネジを外します。

側面も空けます。力を入れてバコッと無理やり開けるので、見た目には問題ありませんが、中のツメが少々割れます。後方も空けると、

真ん中に白いチューブがあります。そのチューブをずらしてみると、小さな穴が空いていました。状況から推察すると、チューブと本体が一部だけ接しており、本体の振動か熱により徐々に溶けて穴が空いたようです。最初はホース修理セットの使用方法を参考に、入っていた樹脂粘土?みたいなのを巻き付けてみました。でもこれは今回の修理には無くていいみたいです。ベタベタになるだけでした。失敗。

まずは、白いシールテープを巻いていきます。ツルツルなので最初は巻きにくいですが、硬く巻いていきます。穴より少し広めに10巻き以上です。

(白いシールテープは力を抜くとすぐに解けてしまうので、撮れませんでした。ゴメンナサイm(__)m)

少し膨らむくらい巻いたら次にグレーのホーステープを巻いていきます。

白いシールテープが見えないようにグルグル巻きです。

まとめ

こんなかんじで修理して、新しいものを購入するまで、その後一年程使用していました。その後は水漏れすることもなく、味の変化もなく、普通に使えていたので、物を大切にされる主義の方はこんなかんじで修理してみて下さい。参考までに。

バリスタの中にコーヒー豆をこぼしちゃったので、分解して洗浄してみた!
忙しい朝に限って、バリスタさんって水がないだの豆がないだの言い出しませんか? 日々のホッと一息する時間作りにありがたい存在だし、家ではすでに二代目のバリスタさんだから、日常生活には欠かせない家電の一つです。(ネスカフェ ゴールドブレン...
【さすが最新!】旧バリスタとの比較
2013年に初めて購入してからというもの、毎日1~3杯はお世話になっていた初代バリスタさんとついにお別れの日がやってきました。諸事情でドリップトレイを紛失。水漏れもあったなぁ・・・。最新のものが特価でお買い得だったので、衝動買いして来てしま...

コメント