【これなら欲しい!】母の日に夫からプレゼント

暮らし

毎年5月の第二日曜日に訪れる母の日。母の日は今まで送る側だったのが、上の子からも下の子からもプレゼントをもらうようになり、嬉しいのとこそばゆいかんじです。

今年は下の子からは幼稚園で作った作品を、上の子からは家族分のお皿をもらいました。(もちろん出資者はパパです)

スポンサーリンク

夫からプレゼント

ある日の朝、テレビで「母の日に旦那からもプレゼントが欲しいのが本音」という特集をしていて、ちょうどそれを見ていたパパは、何か思うところがあったのかネックレスのプレゼントをくれました( *´艸`)

テレビでも「夫から母の日のプレゼントが欲しいですか?」という質問に、アンケートでは約6割の人が欲しいと答えていました。

個人的には、確かにプレゼントをくれるならいつでもウエルカムですが、妻としては夫の母ではないので少し複雑ではあります。

母親として頑張っている妻へという意味でならアリかなと思います。

この習慣については、プレゼントを望んでいる妻に対して、その気持ちを認識している夫は少なく、認識の差がかなりあるようですね。

妻からしたら、夫を「うちの長男」とこっそり呼んでいる人もいるくらいなので、している世話は子供と変わらないんだから、母として敬いなさいよ(-“-)という気持ちが見え隠れしているともいえるかもしれません。

理想の母の日

では、理想の母の日ってどんなでしょう?

私だったら一日でいいから子供を怒鳴ったり、怒らないでいられる日が欲しいな。さらにごはんを作らなくていい日だったら最高~。

●「母の日」に欲しいものは?

1位「感謝やねぎらい、大好き、などの言葉」 2位「手紙・メッセージ」 3位「スイーツ」

https://prtimes.jp/

子供のいるお母さんたちは、ものをもらうより感謝の言葉や自分の時間といった形のないものを求めている傾向が強いように感じました。それだけ日々の生活に追われているお母さんが多いということでしょうか。

ちなみに、妻が夫からもらって一番嬉しいものは、今も昔も変わらず身につけるものだそうです。ピアスは失くしてしまう可能性が高いし、ブレスレットは家事のとき気になるので、ネックレスが定番です。

おすすめはこちら↓

娘としても悩む

一方で、私は娘でもあるので、母の日のプレゼントとして今年は実家にはお花を、義実家にはお菓子を送りました。

毎年プレゼントを贈っていますが、喜ばれるものを贈るのって本当に難しいですね。

いつもかなり悩んでプレゼントを決めています。おそらく実母と趣味が違うので。

そういう意味では義母は贈ったプレゼントに文句も言わず、いつも使ってくれているので物を大事にしてくれる人で本当によかったなぁと思います。

そんな義母のいる義実家には、子供の頃のパパがお義母さんにあげたプレゼント(幼稚園や小学校で作った作品)が今だに飾ってあります。

埃を被って色あせてはいますが、私はとても素敵だなぁと思っていつも見ています。

私の実家には、私が子供の頃に作った作品やプレゼントは一切飾っていないので。もしかしたら、どこかにあるのかもしれませんが。いや、もうないかな。

そんな義実家の姿を見てきているので、子供たちが作ってくれたプレゼントや作品は、日頃から出来るだけ目のつくところに飾ったり、ちゃんと使っている姿を見せておくようにしています。

母の日に限らず、プレゼントはあげる方も貰う方も気を遣うものではありますが、良い関係になりたい気持ちの表れでもあるので、大切にしていきたいものです。

いつもの母の日と違ったお花を送りたい場合はこちら↓の「飾り竹炭」がおすすめです。

水やりが必要なく、部屋の消臭や湿度調整ができる優れものです。おしゃれな竹炭でインテリアの邪魔になりません。

コメント