スポ少に入る前に確認しておくべきこと!

子育て

子「これ、学校でもらったチラシ。」

私「へぇ!スポ少かぁ~。安いし、興味あるなら見学行ってみる?」

今思えば、これがすべての始まりでした。なぜ、あんなに軽い気持ちで見学に行ったのか・・・。

見学に行って体験=入部

になることは目に見えていたのに。

うちの子はちょうど一年前、小学一年生の時にスポ少のクラブに入りました。小学校の部活というかんじで「楽しく体力がつけばいいかな~!」くらいの気持ちで入部させました。結論から言うと、低学年のうちからの部活(スポ少)の入部は本当によ~く考えて、下調べしてから方がいいですよ。

スポンサーリンク

確認しておくべきだったこと

・練習量

週1~2回くらいなら、練習がきつくても続けられますが、うちのように平日3回、土日祝日も練習試合とかになっていると本当に辛いです。

平日は学校の宿題もありますので、子ども自身の負担も半端ないです。うちの子は宿題しながらウトウトしていました。

・部員のレベル

入部してから気づいたのですが、他の部員の子たちは学年で見ても、運動神経のいい方の子ばかりだということを・・・。

運動会でリレーを任されるような子とか、マラソン大会ではトップ集団にいるような子ばかりだったのです。うちの子のように、元々あまり運動が好きではないようなタイプの子はいないということに最初から気づいていれば、入れなかったのに。

部の中で体力も運動神経もビリのうちの子は、最後まで馴染めなかったようです。別にスポーツが出来る子が偉いわけじゃないんですけど、スポーツの世界では実力重視な面がありますから、かなり辛かったと思います。

・部全体のレベル

意外と忘れがちなのが、部のレベルとか目指すところです。強いか弱いか。

初心者歓迎もみんなで楽しくをモットーにしているのか、高みを目指してガンガン行こうぜがモットーなのか・・・。情報網がなくても、部の取っている賞の数などで少しは分かる部分があると思います。

・コーチ

どんな人がコーチをしているのか、複数で見ているのか、ボランティアなのか、先生なのか、教えるのがうまいかどうか、何より子どもが委縮していないかどうか、信用できるか人柄かどうかを見極める必要はあると思います。

うちは体調不良や夏休みの帰省で練習を休んだことに対しても「練習を休むようなやつは試合に出させない。」と言う考えの人だったので、正直なところ指導を任せるのが不安でした。

入部の時の書類に「何があっても訴えない。自己責任であることに同意する。」という書類にサインさせられたのにも少なからず不信感を持ちました。

・お当番

自由参加とは名ばかりの送迎やお茶くみ、試合応援や合宿のサポート等々。役員の有無もしっかりと確認しておいた方がいいと思います。

・月謝

月5000円以内の安さにはほとんどに理由があります。当番で支えられていたり、試合や遠征、合宿やイベントごとに追加費用がかかることも少なくありません。

・保護者の人間関係

高学年ママたちの役員が牛耳っている場合が多いとは思いますが、見学のときには保護者の人間関係もこっそりチェックしておいた方がいいです。そこで新しく飛び込んでいけそうかどうかの見極めはしっかりと!!

・家族への負担

ママ一人が早起きしてお弁当を作るだけならいいですが、実際はそんなものではないです。特に可哀想なのは下の子です。毎回の送迎や試合で休みの日は連れ回され、当番で忙しいママには放ったらかされ、満足にお出かけも出来ない日々になってしまいます。確実に家族で過ごす時間が減ります。

子ども本人に確認しておくこと

・そのスポーツが好きかどうか

うちの子は、そのスポーツの名前くらいしか知らなかったんです。本当にルールも何も分からずに、好きかどうかもわからない状態で入りました。

子どもの「やりたい!」の気持ちを応援してあげたいのが親心ではありますが、才能開花どころか全く合わない、好きになれない可能性もあることを頭に入れておくべきだと思います

・入部後コーチやメンバーが厳しくなることも

最初はコーチも優しく、高学年生がチヤホヤしてくれたり、手取り足取り教えてくれたりします。それに気を良くして入部してしまったのが、うちの子です。「こんなにコーチが怒るようになるなんて!高学年が厳しくなるなんて!練習があるなんて聞いてない!」と愚痴っていました。

特に低学年のうちは、周りの雰囲気に流されて入部してしまうことも少なくないと思いますので、要注意です。

・辞めたくなったらどうするか

例えば、この級までは必ず合格するというように何かしらのゴールを決めたり、半年や一年とかで更新時期を決めておいた方がいいと思います。嫌になったから「はい、辞めます。」で辞められる程簡単ではないのが、スポ少や部活の怖いところです。

同じクラスの友達や学校の仲間がたくさんいますから、辞めてからの学校での人間関係を心配して、辞められない子も少なくありません。

まとめ

いろいろとデメリットの実体験を書きましたが、実際に入ってからメリットもありました。うちの子の場合は、単純に痩せて体力がついたことや、運動が少し好きになったこと、走るのが速くなったことです。その他には、子どもに学年を超えた友人が出来たり、親同士も気の合う人を見つけられたり、といったことでしょうか。

スポ少を続けていける人たちというのは、私が見て来た限り、親自身もそのスポーツが好きで、休みの日は一緒に練習したり、家族総出で応援に行くのが苦にならない人とか、

子ども自身がそのスポーツを好きで好きで、実力と結果が伴っていて、親も応援してあげられる金銭的な余裕や時間がある場合です。

そんな親子とはかけ離れたうちの親子は、部員の中でもかなり異質な存在だったと思います。

それでも一年続けてみて、子どもは、自分の発言には責任を持つことや、辛くても逃げないことの大切さを学び、少なからず自信になったとは思いますので、いい経験だったと締め括っておきます。

コメント