おすすめの毛玉取り方法

暮らし

今までたくさんの服についた毛玉を落とそうと、毛玉取り機を使ってみたり、ブラシのタイプの毛玉取りを使ってみたり、手でひたすらむしってみたり、今話題の100均の毛玉取り機を使ってみたりといろいろ試してきました。でもなかなか思うようなものには出会えず、

(毛玉取り機は値段の割には毛玉が取れないし、時間が掛かってイライラしてきちゃう<(`^´)>)

結局、私が行きついたのはカミソリで毛玉を取ることでした。

スポンサーリンク

カミソリの効果は

こちらはお見苦しいですが、うちの20年選手のフリースのマフラーです。

ある日、パパがどこからともなく引っ張り出してきて、使っていました。

私「!!そんなマフラーあったっけ?」

パパ「温かいんだよ~(*´▽`*)実は高校生の頃のマフラーなんだ( *´艸`)」

私「去年買ったネックウォーマーの方がいいよ・・・」(ヤバイ。20年物!?よほど思い出があるのか。ユニ〇ロなのに大事に取っておいて。。。ってゆーか毛玉がすごい。)

こっそり毛玉を取る

というわけで、パパが仕事に行っている間にこっそり毛玉を取ることにしました。フリース生地なので、引っ掛かることもなく順調に取れます。端はブランケットステッチになっているので、カミソリで切ってしまわないように注意しながら。

コツはカミソリを少し斜めにし、生地が引っ掛からないように、平らなところで作業することです。それで、画像のように毛玉?や埃や繊維の混ざったものが取れます。

あとは、端っこのブランケットステッチのところの毛玉は、手でむしり、飛び出ていた繊維をハサミでカットしました。仕上げにコロコロをかけて出来上がりです!

完成

いかがでしょうか?所要時間は15分程度。見違えるようにキレイになりました。

毛玉のついた服を着ているとカッコよさも半減しちゃいますし、年を重ねるとみすぼらしく見えるので、なるべく気がついたら取るようにしているのですが、すぐに出来てしまって悲しいです。

今回のマフラーは生地を傷つけることはなかったのですが、素材によっては刃があたって穴を開けたり、ほつれてしまう可能性もありますので、そこは自己責任でお願いします。

毛玉を減らすには

毛玉は手でむしるよりは、断然刃物でカットした方が出来にくくなるそうです。また、洗剤をアクロンやエマールなどのおしゃれ着洗いのものにするのが良いそうです。

うちでは、毛玉が出来やすい素材のものは単品でネットに入れて洗濯するようにしています。

コメント