そりゃ事故るわ!子供の危険な自転車運転

子育て

春になって暖かくなると、外に出かける機会が増えますよね。子供たちも外で遊ぶ機会が増え、自転車で活動することが多くなります。

それと同時に子供の自転車での事故も増えてくるのが悲しいところです。今回は私が子供(低学年)と一緒に自転車を運転していて、ヒヤリとした場面をまとめてみました。

スポンサーリンク

どっちを通ったらいいの?

進行方向に駐車場から道路に出てくる車がいるとき、前方を通ろうとしたり、後方を通ろうとしたりと、その時々の気分で決めていたらしいです。

判断が未熟なのに、運転者とアイコンタクトなども行っていない様子です。フラフラしながら車の前をすり抜けて行き、こっちはヒヤヒヤしました。

基本は車が出るまで待っていること、運転者がどうぞってしてくれたら行ったらいいと教えました。

どの信号機?

歩行者用の信号機しか見ていないので、歩行者用の信号機がついていない交差点では、どの信号機を見れば良いのかわからないようです。

歩行者用の信号機がない横断歩道で、左右の確認もせずスイーっとに普通に渡ろうとしていました。止まって左右の確認をしないと危ないことを教えました。

内輪差を知らない

交通安全講習を受ける前だったからでしょうか。トラックの内輪差で巻き込まれることを知らずに、交差点のギリッギリ(前輪は道路にちょっと出ていたかも)で信号待ちをしたりしていました。

一歩下がって待つことを徹底させたいですね。

出会いがしらのヒヤリ

いつものわき道だから車がいないとでも思っていたのでしょうか。

角を曲がるなら建物に沿って曲がれば良いものを、何故かスピードも緩めずに大回り。

危うく車に突っ込んでいくところでした。曲がる時は、事前にスピードを十分落として、道沿いにです。

スイスイ~っとな

これも結構びっくりしたんですけど、大人だったら無理だろうと諦める隙間にも、躊躇することなく入っていきました。

もちろん車とはスレッスレ。ミラーに当たるかと思いました。

また、歩行者との間もスピードを全く緩めずにスイスイと入っていっちゃうんです。子供や犬は急に動くことがあること、高齢者はびっくりして倒れる危険があることを教えておかなくてはと思いました。

ビューンと下り坂

スリルを楽しみたいのか、下り坂でもスピードを緩めません。蛇行運転もなんのそのでビュンビュンとスピードにのって下りていきます。

もしハンドル操作を誤れば、標識やガードレールに衝突したり、歩行者と当たって大きな事故になる可能性があることを十分に教えなくてはと思いました。

近所に下り坂がある場合は、普段の道ということで危機意識が薄れやすいので、特に注意したいですね。

巻き込みの危険

学校からのお知らせによると傘や水筒、なわとびなどをハンドルに掛けていて、タイヤに絡まっての転倒する事故も起きています。

また、うちの子は、ゴミのネットの上や砂利道を普通に走れると思っていたらしいです。

タイヤに巻き込んだりして、転倒する危険があるので、ハンドルには何も引っ掛けない、障害物はなるべく避けて通ることを約束させなくてはと思いました。

約束ごと

  • ヘルメットは必ず着ける
  • 傘や水筒や縄跳びをハンドルに引っ掛けない
  • スマホや音楽を聴きながらといった「ながら運転」や「片手運転」をしない
  • 夕方でも必ずライトを付ける
  • ヒールのある靴で乗らない
  • 事故をした場合は逃げない・隠さない・必ず報告

学校での安全講習も受けたし、行動範囲は近所だけで、大きな通りは通らないようにしてるし、うちの子に限って大丈夫だと思ってる方も多いかもしれません。

親は車での移動が主だったりすると、意外に自分の子供がどんな自転車運転をしているのか知らなかったりします。

小学生になると被害者だけでなく、加害者になることも十分にあり得ます。病院から事故の電話が来るのも、怪我をするのも出来れば避けたいですよね。裁判や多額の賠償金を支払うことになる前に、今一度お子さんと話し合ってみて下さい。

コメント