『子供の車酔い』対策グッズはコレだ!

暮らし

車酔いは三半規管によるもので、精神的なものが大きく左右するらしいのですが、なかなか治せるものではないので辛いですよね。

うちの子は一度車酔いをして吐いてしまってからというもの、車やバスを嫌がるようになりました。長距離のときは、もしものために市販の酔い止め薬を持たし、ナイロン袋もポケットに忍ばせています。

それでも辛そうなので、その他の酔い止めグッズを集めてみました。

スポンサーリンク

定番のドロップ

こちらは、薬局やコンビニで購入できる子供用の酔い止めドロップです。車に乗る30分前くらいに舐める必要があるのですが、味も美味しいし、これを舐めていると酔わない!とうちの子は言います。

実際に、6時間くらい車に乗っていても気持ち悪いとは言い出しませんでした。(いつもなら30分くらいで、気持ち悪そうにしているのに)

何度もリピートしている商品です。急な遠出のときのために買い置きも欠かせません。

装着するだけ!ツボ押しでリストバンド

ツボ押しとか嘘でしょ?と思う気持ちもありますが、実際にマッサージという意味ではリラックス効果はあります。

子供の体に負担をかけたくない方や、まだ薬が飲めない小さなお子さんにおすすめです。レビューも悪くないですし、試してみる価値はあります。

視覚からくる三半規管の車酔いには効果がありそうなメガネ型

メディアで紹介され、面白いなと思ったのがこちらのメガネ型です。

三半規管の乱れは視覚からということで、メガネのリング上に青色の液体が入っています。それによって、前方に人工的に水平線の作成と視覚の視野の側に流れが起こり、視覚情報と蝸牛の情報を調整するというものです。

おわりに

車酔いは、気持ちの問題もありますし、成長と共になくなる場合も多いので、周りの人間がそこまで深刻ならず、楽しませて酔いを忘れさせることも必要です。

それと同時に重要なのが、車の中の臭いと温度です。

車内は飲食をすると、どうしても臭いがこもりがちになります。うちでは、車内のゴミは早めに処分し、お出かけ前は掃除機をかけ、車用のファブリーズをし、車内の芳香剤は香りの強くないものおくと効果がありました。

そして子供には厚着をさせ過ぎず、涼しい車内の温度を維持するように心がけました。

楽しい雰囲気と清潔な車内と対策グッズで楽しいドライブができるといいですね。

コメント