【目指せ!プロ棋士!!】藤井聡太四段もハマった賢くなる玩具

暮らし

天才と話題になっている藤井聡太四段は、29連勝という歴史的な快挙で惜しくも敗れてしまいましたね。中学生にして、この聡明なお子さんはどんな教育を受けてきたのか母親なら気になるところです。

そもそも、藤井聡太四段の将棋との出会いは、祖母が教えてくれたことから始まります。その祖母はあまり将棋が強くなかったので、祖母を負かすことによって将棋に興味が出たというお話です。文字より先に将棋を覚えたなんて噂もあるくらいなので、幼稚園の頃にはすでに出会っていたのでしょう。

これは最近、教育学者の方に聞いた話ですが、幼児期は漢字=難しい・覚えなくては!というような漢字に対する先入観がないので、形から入ることが出来ます。特に漢字は文字の成り立ちが象形文字に似通ったところがあるので、幼児が漢字を覚えることはそんなに難しいことではないのだそうです。ひらがなからではなく、漢字から教えても良いくらい(ただし、絵合わせ的な遊びの中で)なのだそうです。そして、幼児期にはその形を認識する能力を育てることが脳の発達にもとても良いのだとか。

そんな藤井聡太四段が子供の頃に遊んだとされているのが、キュボロというおもちゃなのです。

スポンサーリンク

キュロボとは

キュボロはスイス生まれの玉の塔です。
スイス北部に位置するエメンタール地方の森で育ったブナの木材のみを使用して作られています。
写真のようにキュボロは溝や穴のあいた立方体を組み合わせ、上から落としたビー玉が下まで落ちる玉の道を考え工夫し作り上げる遊びです。
外側からは見えない内部にもビー玉の道ができるのが楽しさを倍増させる秘密!

おもちゃ屋さんでは、問い合わせが殺到。売り切れ続出なのだそうです。

なかなか高額なので驚いてしまいます。もう少しお手頃なお値段で同じような効果のある類似品をあげておきます。

おすすめの玩具

このくみくみスロープは家も買ったのですが、くもんの商品なだけにしっかりとした知育玩具です。自分でコースを考えていくので、手先の器用さだけでなく、空間処理能力も育ちますし、遊びの年齢も8歳くらいまで遊べます。

転がす玉を誤飲しない年齢になったら、ぜひ検討していただきたいおもちゃです。

男の子ならこのピタゴラスイッチ的な玉が転がる系のおもちゃは、好評なこと間違いなしです。

もう子供は大きいからある程度本格的な将棋をやらせたい!のならこちら

や、こちら

等がおすすめです。

将棋と囲碁、チェスは頭を使う、賢くなる遊びなので、出来るようになっていて損はありません。

テレビで将棋をよく取り上げられている今、子供が興味を示したなら先行投資として安いものかもしれません。

コメント